不登校で悩むのもったいない!

不登校で悩んでいる中学生みなさんへ。勉強や高校受験など不安なことの解決の糸口になればうれしいです。

通信制高校って、どんな学校?

通信制高校とはどんな学校なのか

 

まず高校には

  1. 全日制課程:毎日登校する通常の課程、修業年限3年
  2. 定時制課程:夜間その他特別の時間または時期において授業を行う課程、修業年限3年以上
  3. 通信制課程:通信による教育を行う課程、修業年限3年以上(3年で卒業可能)

 

とあります。

いずれも卒業すると高校卒業資格が得られます。

通信制高校とは、「通信制課程」がある高校です。

 

通信制高校を選択する人は?

通信制高校では、時間にゆとりがあり自分の生活スタイルに合わせて勉強することができます。

そのため、不登校で毎日学校に登校するのが難しい人、病気がちな人、働いている人、ゴルフやレーサーなどスポーツに専念している人、芸能活動をしている人、高校中退した人、他の高校から転校してきた人など、様々です。

年齢も様々で高校1年で中退をし、次の年度から新たに1年生として入学する人もいます。

 

通信制高校を卒業するには?

  1. 36ヶ月以上の高等学校在籍期間
  2. 必履修科目を含めた74単位以上の単位取得
  3. 特別活動への30単位時間の参加

が必要です。

 

36ヶ月以上の在籍期間とは?

高校の卒業資格を得るためには3年の在籍期間が必要です。高校中退や転入での場合は前の学校でも在籍期間がプラスされます。

 

必履修科目を含めた74単位以上の単位取得

通信制高校は自宅での学習かサポート校や学習センターに行って学習する方法ありますが、月ごとに提出するレポート(報告課題)をし、スクーリング(授業)への参加、テストを受けて単位認定試験に合格することが必要です。

(転入などの場合は在籍した学校の単位を引き継ぐことができます。)

学校によるかもしれませんが、娘の学校では毎月の報告課題が遅れるとテストを受けることができません。

報告課題は、自宅でテキストや動画もみて勉強しますが、自宅ではテレビやネットなどの誘惑があり、また一人では理解できないこともあり、なかなか報告課題が進みません。しかし報告課題の点数が成績にかかわってくるので真剣に解かないといけません。

その勉強をサポートしてくれるのがサポート校や学習センターと呼ばれるところです。

 

特別活動への30単位時間の参加

特別活動とは体育祭や修学旅行、クラブ活動、ホームルーム活動など3年間で30単位の参加が必要です。

 

 

適応指導教室とはどんなところ??

まずは不登校への対応という事で文部科学省不登校児童生徒に対する柔軟な対応を示しています。

不登校児童生徒に対する柔軟な対応

①教育支援センター(適応指導教室)の整備
②スクーリング・サポート・ネットワーク整備事業(SSN)
不登校への対応におけるNPO等の活用に関する実践研究事業
④出席扱いについての措置
⑤中卒認定試験における受験資格の拡大及び高校入試における配慮
不登校児童生徒を対象とする学校に係る教育課程の弾力化
不登校への対応について:文部科学省

不登校児が多いことで、学校以外の場所、フリースクールなどでの学びを支援する法案など話題になることがありました。

娘が中学校生活を身体表現性障害で不登校になったこともあり、学校に行かない選択も認めてほしいと思うようになりました。

その当時は学校に行けない自分をダメな人間だと思い込んでいたようでした。

先生方に学校に来るように言われて行ってみたけど「つらい」「ここにいたくない」と言っていました。

私も先生方に学校に来るように言わないで、普通にコミュニケーションをとってほしいと伝えていました。

3年になり、先生方と高校や受験勉強のことを相談することが多くなった時に

適応指導教室に行ってみてはどうかと言われました。

ここに行けば、出席扱いになるとも言われました。

適応指導教室は教育支援センターとも呼ばれていまして、

センターは,不登校児童生徒の集団生活への適応,情緒の安定,基礎学力の補充,基本的生活習慣の改善等のための相談・適応指導(学習指導を含む。以下同じ。)を行うことにより,その学校復帰を支援し,もって不登校児童生徒の社会的自立に資することを基本とする。
中央教育審議会 初等中等教育分科会(第38回)議事録・配付資料 [資料1−4] [参考6] [別添1]−文部科学省

とあります。

私の地域では違う名称で呼ばれていますが、

費用は無料で曜日ごとにプログラムを設定して活動されています。
プログラムはいろいろあり例えばスポーツ活動・パソコン・読書・仲間つくり活動・教科学習・見学体験活動や宿泊キャンプ等です。
中学3年生には進路のため学習の時間と場所を提供されています。

まず学校に相談してみてください。
家庭だけで悩むのではなく、学校やいろいろな機関で相談をし意見をきいてお子さんが笑顔で過ごせる場所を見つけてみてください。






スタディサプリで大丈夫なの??不登校時の勉強方法

「ずっと不登校だったけど、最近になって勉強の意欲がでてきたけど学校の教材ではわからない・・・」

「勉強にやる気がでない・・・」

 

不登校の子どもたちはこのままじゃいけないとは考えるんです。

でもその方法がわからないことが多いです。

 

うちの娘もそんな感じの子で、前の記事でかいたように体の症状や人に会いたくないなどで 勉強が遅れていきました。

 

今、通信制の高校に通っていますが、娘がいうにはもっと勉強しといたら良かったと。(その時はほんとにできなかったんだけど・・・)

高校で数学を一から勉強していますが、高校の数学もしなくてはならないので大変そうです。

 

うちの娘のように外に出ることが無理そうなら塾に通うことも難しいでしょう。

家庭学習なら今CMなどでも話題のスタディサプリでのタブレット学習をおすすめします。

スタディサプリの強みは「一流の先生による動画授業」があるということです。

紙やタブレットの解説と耳から聞く授業では記憶がちがいます。

しかもわからなければ、何回も繰り返し見ることができいっそう理解ができます。

 

そして自宅学習で続けられるか?と不安があると思いますが

学習習慣を定着させる充実したサポート機能があって、

ホーム画面を開くと、一人一人に合わせた学習ミッションがでて飽きないような設定になっています。

動画を見た間に15分でもやってみようと、そのままタブレットで学習が始められます。

そしてわからないところから学習ができるのが強みですよね。

もちろん定期試験対策や高校受験対策もあります。

 

不登校の子どもたちは、家にいる間に じっくりとわからないところをわかるようになる勉強ができます。

 

あせらなくていいんです。

 

上のお兄ちゃんは学習塾に通っていましたが、塾は1カ月で約1~2万円かかります。スタディサプリは学習塾に比べて年間で約24万円お得!ダントツに安く月額980円(税抜き)です。

試すのにもさほど気にならない値段ですし、無料トライアル体験できます。

勉強・・・何をしたらいいのかわからない

もし体調がいいのであれば、勉強でもしてみたらどう?

(そのくらいの気持ちでいいんじゃない)

(受験を考えるならまた次回記事にしていこうと思います)

 

うちの娘は体の症状もあったので、なかなか授業でたくない・でれないことがほとんどでした。人にも会いたくないときもありました。

 

テスト前には放課後学校に行って先生とマンツーマンで勉強できるときもあってテストは会議室など別室でうけました。(毎回じゃないですけど)

 

だけど教科書やワークだけでは理解できないんですよね。

理解できるならすごいんですが、うちの子は無理でした。

特に数学と英語Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

この教科はとくに積み重ねなので厳しいです・・・

 

とにかくあせってはだめですよ。

やろうと思ったときに少しずつでも勉強できる方法がいいですよね。

 

まずは塾。しかも個別指導塾がいいでしょう。

そして、家庭教師と通信教育。

最近ではフリースクールや地域の適応指導教室もあります。

 

次回からご紹介していきますので、自分に合ってそうと思った勉強方法を見つけてみてください。

 

 

 

不登校で悩んでいる中学生や保護者のみなさんへ

実はうちの娘も中学生のころから不登校になりました。

 

原因はいろいろです。友達関係・親(私)の離婚など・・・

 

娘は頑張り屋さんでした。友達に仲間外れにされても学校で話し合おうとしましたし、私がそうさせていました。

学校に行って友達や先生と話したら解決すると思っていました。

 

実際それで友達関係がよくなったこともありますが、

きっと頑張らせ過ぎたんでしょう。

 

娘も頑張ることが普通になってしまい、

体が頑張ることをストップしました。

まずは腹痛(腸間膜リンパ節炎)・難聴・下肢筋力低下・嘔吐・頭痛・体の痛み・過呼吸などです。

そうなると長引くんです。体重もへり経管栄養までしました。

今でも嘔吐はとまりませんが、まだ食べているから大丈夫です。

 

娘が生きるか死ぬなの時に思いました。

「とにかく生きて」と。「ごめん」と。

「あせらんでも大丈夫」と。「今勉強できなくてもこれからどうにでもなる」と。

 

特に中学生のみなさんや保護者の方は高校受験というのに敏感になられると思います。

不登校の原因は一つのことではなく、子ども自身もわかっていないことがあります。

体が、気持ちが学校にむかないんです。

まずは積極的に学校をすすめるのは子どもたちが辛いと思いますのでやめてほしいと思います。

家庭を安心する場所にすることが一番です。

「ここにいていいんだよ」という雰囲気が必要です。

そして、保護者の方は学校と連絡を密にとり、勉強のこと、受験のことを相談しながら子どもと向き合っていったらいいと思います。

 

中学生の子どもたちにも伝えたいです。

学校に行きたくなかったら それは心がつかれているんだから

しっかり休みなさい!

学校にいかなくて・・・なんていう罪悪感はもたなくていい!

勉強がしたくなったら今は学校以外でもできる!

外に出れるなら塾もあるし、家庭教師や通信制の教材もある。

パソコンいじるのが好きならそれを究めてもいい!

 

「ぜんぜん人生終わりじゃないよ」