不登校で悩むのもったいない!

不登校で悩んでいる中学生みなさんへ。勉強や高校受験など不安なことの解決の糸口になればうれしいです。

通信制高校って、どんな学校?

通信制高校とはどんな学校なのか

 

まず高校には

  1. 全日制課程:毎日登校する通常の課程、修業年限3年
  2. 定時制課程:夜間その他特別の時間または時期において授業を行う課程、修業年限3年以上
  3. 通信制課程:通信による教育を行う課程、修業年限3年以上(3年で卒業可能)

 

とあります。

いずれも卒業すると高校卒業資格が得られます。

通信制高校とは、「通信制課程」がある高校です。

 

通信制高校を選択する人は?

通信制高校では、時間にゆとりがあり自分の生活スタイルに合わせて勉強することができます。

そのため、不登校で毎日学校に登校するのが難しい人、病気がちな人、働いている人、ゴルフやレーサーなどスポーツに専念している人、芸能活動をしている人、高校中退した人、他の高校から転校してきた人など、様々です。

年齢も様々で高校1年で中退をし、次の年度から新たに1年生として入学する人もいます。

 

通信制高校を卒業するには?

  1. 36ヶ月以上の高等学校在籍期間
  2. 必履修科目を含めた74単位以上の単位取得
  3. 特別活動への30単位時間の参加

が必要です。

 

36ヶ月以上の在籍期間とは?

高校の卒業資格を得るためには3年の在籍期間が必要です。高校中退や転入での場合は前の学校でも在籍期間がプラスされます。

 

必履修科目を含めた74単位以上の単位取得

通信制高校は自宅での学習かサポート校や学習センターに行って学習する方法ありますが、月ごとに提出するレポート(報告課題)をし、スクーリング(授業)への参加、テストを受けて単位認定試験に合格することが必要です。

(転入などの場合は在籍した学校の単位を引き継ぐことができます。)

学校によるかもしれませんが、娘の学校では毎月の報告課題が遅れるとテストを受けることができません。

報告課題は、自宅でテキストや動画もみて勉強しますが、自宅ではテレビやネットなどの誘惑があり、また一人では理解できないこともあり、なかなか報告課題が進みません。しかし報告課題の点数が成績にかかわってくるので真剣に解かないといけません。

その勉強をサポートしてくれるのがサポート校や学習センターと呼ばれるところです。

 

特別活動への30単位時間の参加

特別活動とは体育祭や修学旅行、クラブ活動、ホームルーム活動など3年間で30単位の参加が必要です。